検索 English (United States)  日本語 (日本)
2017年12月12日 ..:: ソフトウェア開発 & IT » ブログ 技術との戯れ (on seosoft.net - 更新終了) ::..   ログイン
Microsoft MVP for Visual C# (Jan 2009 - Dec 2014)
Microsoft MVP for Visual C# (Jan 2009 - Dec 2014)
-
 カテゴリ 最小化

  
 カレンダー 最小化

  
 旧ブログ 最小化

  
-
DotNetNuke.jp
 技術との戯れ 最小化
7 26

Written by: 瀬尾 佳隆
2010/07/26 23:05

2010年7月10日(土) に 技術ひろば.net の7月の勉強会 を開催しました。

いろいろバタバタとしているうちに、開催から2週間以上経ってしまいました・・・ orz
何が・・・というのは省略ですが、このところ精神的にはかなりヘビーでした。

という愚痴を織り交ぜながら、7月の振り返りです。

夏の一大イベントが近いこともあり、MS社員にセッションをお願いするのは忍びなく、コミュニティーの参加者によるセッション4本立てでした。
(あ、でもよく見るとMSエバさんたち、7月とかもあちこちコミュニティーに顔を出してますね。なんか、前はそうじゃなかったような気がするんですが・・・まあいいや)


ASP.NET MVC 2 実装のポイント」(Hondaさん)

本人からの申し出、立候補で実現したセッション。うれしいです、こういうの大好きです。

個人的にも好きな技術 ASP.NET MVC 2の話。
資料は こちら からダウンロードしてください。

プロジェクト作成時に生成されるテンプレートをうまく使って、変更、カスタマイズしながら容易にMVCなWebアプリを作りましょう、というのがテーマです。
真似るって技術の習得には重要なことですよね。
無償の Visual Web Developer 2010 Express / SQL Server 2008 Express を使ってやってみようというのも大事なポイントです。

・テンプレートを最大限有効に使うと開発がラク・・・画面、エラーチェックまで生成されている
・CSSを編集してみる・・・背景色を変えるとそれだけでもアプリの雰囲気が変わる
・ログオン画面もちょっとしたデザイン変更のみ・・・基本的な動きの部分は最初から出来ている

Hondaさんは8月も続編を話してくれます。うれしいです!
実際の案件では絶対に重要な要素である ASP.NET MVC 2のバリデーションについてです。参加者の食いつきもいいはず。
楽しみ、楽しみ。
Hondaさん、2ヶ月連続のセッションですが、よろしくです。それからありがとうございます。


Forefront Identity Manager (FIM) 2010 ファーストステップ」 (山本さん)

技術ひろばではもう欠くことのできない山本さんのセッションです。
開発もインフラもこなす山本さんは FIM のセッションです。(資料は こちら
ITプロな話は苦手(がんばってADの基礎くらいまで)な瀬尾にとっては、非常に難しいテーマですが、それでもID同期の必要性、FIMでポイントになる用語など、足がかりはいただけました。

・ID同期/連携の必要性・・・企業の人事イベント(入社、退社、異動など)は随時発生するが、社内には複数の異なるシステムがあり、それぞれのシステムのID/PWは非統一だと管理者の負担が高い
・FIMを理解する上で大事な用語・・・接続先データストア、管理エージェント(MA)、コネクタスペース(CS)、メタバース(MV)、プロビジョニング

去年(2009年)のTechEdでたまたま山本さんのLTを聞いて、そのあと瀬尾が声をかけたというのが山本さんとの出会い。それから技術ひろばに遊びに来てくれるようになりました。ずっと山本さんセッションを技術ひろばで聞きたかったんですが、ようやく実現したので個人的にはなおさらうれしい7月でした。
こういうことがあるからコミュニティーって楽しいです。


StreamReaderのDisposeって・・・」(武田さん)

奇数月の男、武田さんセッションです。資料は こちら
5月の武田さんのセッションで「FileStreamをStreamReaderに渡した状態でStreamReaderのDisposeが呼ばれると、FileStreamのDisposeが呼ばれるんじゃないの?」という質問で盛り上がったので、実際に検証してもらいました。
武田さんからは事前に「セッションは5分で終わる」と言われたのでアメとムチで(笑)時間延長をお願いしたら、見事に応えてくれました。ありがとう、武田さん。

・StreamReaderのDispose(Close)を呼び出した後にFileStreamにアクセスするとObjectDisposedExceptionが発生・・・FileStreamはStreamReaderのDispose呼び出し時にすでにDisposeされていた
・SOSデバッガー拡張・・・CLRの情報にデバッガーからアクセスするツール。アンマネージデバッグの設定を有効にして、イミディエイトウィンドウで「.load sos」とすると使える

SOSはどうも 荒井さん本 に載っていたらしいんですが、難しそうだなと思ってずっと見て見ぬふりをしてきた1冊。個人的にちょっと悔しいです。いかんな、ちゃんと勉強しないと。


RPN & Forth 超入門」(瀬尾)

個人的に昔から好きな言語&考え方であり、この数ヶ月さらに一人で盛り上がっているRPNとForthの話をしました。
コミュニティーの名前のために「.NETな話じゃないといけないんでしょ」と思われている節があり、それを改称するためにもどうしても .NETじゃない話をしたかったというのもあります。と言いながら、自分の中ではこっそり .NETに繋がってるんですけどね。

Forthネタは改めてブログに書いてみようかな、と思うのでここでは省略。ちょっと気になってしまった方は、まずは 資料をどうぞ


プレゼント大会もやって、そこそこ(?)盛り上がってもらったでしょうか。大物プレゼントが当たった方、小物プレゼントが当たった方、それぞれご活用ください。もらったからには・・・わかってますよね?(笑)

さて、とある事情で、コミュニティーの名前を「技術ひろば.net」に変えたのが去年の7月。
ということで今の形での活動が2年目に入ったわけです。
正直いつも「そろそろ終わりか?」と思いつつも、1年続いたのは参加してくださる皆さんとスピーカーを快諾してくださった皆さんのおかげ。本当にありがとうございます。多分もうしばらく続きます・・・続くはずです・・・続けられたらいいなと思っています。

そろそろ一緒に運営する仲間がほしいなと思うこともありますが、なんか緩やかな繋がりで毎回手伝ってくれたり、力を貸してくれる人は増えてきたので、それもうれしいです。
あ、でも、セッションのネタを常備してくれる人とか、MSなり他の会社・団体・コミュニティーなりからスピーカーを引っ張ってきてくれる人はほしいかも。毎回一人でMSさんにお願いするのはちょっと疲れます(笑)。
運営、スピーカーは随時大募集しています。よろしくお願いします。


8月の勉強会は21日の土曜日、TechEd直前の土曜日です。
8月もMSさん抜き、かつ瀬尾セッション抜き、4時間半で5人のセッションです。スピーカーを快諾してくれた方、スピーカーに立候補してくれた方と、コミュニティーらしいうれしい構成です。
すでに 申し込みを受け付けています。よろしければお早めにお申し込みください。

 

PS. 最近、懇親会に申し込んでお金を払ってくれない人とか、(こういうのは申し訳ないけど)単なるクレーマーな人とかが、少し増えてきたので、やむなく申し込みモジュールを変更しました($45もかかってしまったぜぃ /w)。それから申込時の約束を確認メールに記載するようにしました。
きちんと参加してくれる人には若干堅苦しい感じになってしまって申し訳ないのですが、余計な負担が増えたり悲しい思いをするのは嫌なので、やむなく実施。ご理解ください。

Tags:

Your name:
Title:
Comment:
Security Code
Enter the code shown above in the box below
Add Comment    取消  

  
-
 ブログ検索 最小化

  
-
Microsoft Tech Fielders
-
Copyright 2000-2014 by Seosoft   使用条件  プライバシー
DotNetNukeョ is copyright 2002-2017 by DotNetNuke Corporation